BGK
解説
BGK - Balthasar Gerards Kommando(オランダ国王の暗殺犯より命名)が、アムステルダムにて結成されたのは、82年代10月のことである。母体となったのは、パンク・ロック・バンド、ニットウィッツで、そこにシンガーのリーンが加わり、オランダ初のハードコア・パンク・バンドとしてスタートした。だれもがイギリスのパンク・ロックに注目していた当時、逸早くアメリカン・ハードコアの影響をとりいれたのがBGKだったのである。
 BGKの音楽性は、ヘヴィでタイトな、レイジング・スラッシュが基本ではあるが、ところどころに、メンバーのルーツである、60年代ロック風のフレーズも聴こえてくるのがポイントだ。実際に、メンバーのトニーは、BGKの解散後、LOVE SLUGというガレージ・ロックバンドを結成している。
 MDCDEAD KENNEDYSに招聘されアメリカ・ツアーを果たし、また、彼らの主宰するレーベル、R.RADICAL,ALTERNATIVE TENTACLESからのライセンス・リリースもあって、もっともアメリカで成功したヨーロピアン・ハードコア・バンドのひとつといえるだろう。


コレを聴いとけば失敗しない・・・バンドの最高傑作です。
@ A B

JONES TOWN
ALOHA LP

WHITE MALE
DUMBIENCE 7"

NOTHING CAN
GO WROGN LP

DUTCH FEAST
CD




関連バンド、類似バンド…このバンドも聴いてみよう。ロゴ表記のバンドは解説ページにリンクしています。
ARGENT ORANGE DISGUST
NOG WATT BATTALION OF SAINTS RAT PATROL CATWEAZLE


コメントや情報を添えてBGK投票する

GET IN THE PIT
-80'sHCウェブリング-


[登録サイト一覧]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム]  For GET IN THE PIT
★★無料レンタルならラパプルランド★★


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー