ホームへもどります

 

CIRCLE JERKS
<DESCRIPTIONS>
CIRCLE JERKS は、1980年にをクビになったシンガー、キース・モリスと、Redd Krossでギターを弾いていた. グレッグ・ヘトソン、ロジャー・ロジャーソン(ba)、そしてドラムのラッキー(笑)によってLAで結成されている。
 地元でのショウをこなし、バンドは翌年早くもデビュー・アルバム"
GROUP SEX"をFrontear Recsより発表。アメリカのルーツ・ロックに根ざしたパンク・ロックでありながらも、同時に当時のパンク・ロックの新潮流、ハードコア・パンクへの萌芽もそこかしこに見せる、名盤である。

 82年にはセカンド・アルバム"Wild In The Streets"を、ポリスのマネージャー、マイルズ・コープランドが運営する、Faulty Productionsより発表。基本路線はそのままに、より重厚なプロダクションとギター・サウンドが印象的な、これまたバンドの代表作といえよう。ガーランド・ジェファリーズのカヴァー曲であるタイトル曲は、彼らのトレード・マークとなった。
 このころより、CIRCLE JERKS はL.Aのラジオ・ショウ、"Rodney On The ROQ"のレギュラーに抜擢され、"Wild In The Streets"を、Rodney On The ROQのコンピレーションに提供したのを皮切りに、"
Let Them Eat Jelly Beans","Rat Music For Rat People"などの、初期USハードコアの代表的なコンピレーションにも参加する。
1983年にはサード・アルバム
"Golden Shower Of Hits"を、発表。
 しかし、往年の疾走感溢れるロックン・ロール・パンク路線は揺らいではいなかったものの、あきらかになにかが足りなかった。
これ以降、CIRCLE JERKSは、同年代のパンク、ハードコア・バンドがそうだったように、低迷期へと向かう。西海岸でも、遅ればせながら、スラッシュ、スケート・ハードコアが台頭し、世代交代が起こりつつあった。


コレを聴いとけば失敗しない・・・バンドの最高傑作です。
@ A

GROUP SEX LP


WILD IN THE
STREETS LP


関連バンド、類似バンド…このバンドも聴いてみよう。ロゴ表記のバンドは解説ページにリンクしています。
ANGRY SAMOANS
SOCIAL DISTORTION REDD KROSS

CIRCLE JERKS LINKS IN THE WEB PIT

コメントや意見、情報を添えてCIRCLE JERKS投票する

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー