ホームへもどります

 RAW POWER

 DESCRIPTIONS
じつに多くのひとびとが、イタリアの、いや、ハードコア史上最強のバンドと称える RAW POWER。彼らの歴史は1981年、母体となるOFFLIMITSというバンドに遡る。こちらの音楽性は不明。中心メンバーのMauroとGiuseppe以外のパーソネルはつねに流動的であったという。
イタリアのMeccano Recsより、デビューLPYou are the Victim を発表。 しかし、レーベル自体真っ当に機能していなかったようで、こちらの作品はロクに流通されることもなかったようだ。
 アメリカのハードコアが衰退、世代交代の兆しを見せるなか、この頃より、日本やヨーロッパ南米諸国といった地域のバンドに注目が集まる。P.E.A.C.EやWELCOME TO 1984といったコンピレーションによって、その流れは一般層にも浸透していったことはいうまでもない。
 1983年には、カリフォルニアのカセット専門レーベルBCTより、彼らの最高傑作といっていいだろう、Brown Studio Demosが発表される(Burning the Factory(*2)というタイトルで、80'sハードコアの超名門再発レーベルGTAよりCD化されていたが、残念なことに廃盤。見つけ次第、是非とも入手してほしい、そして、もっとも再発が待ち望まれる一枚である)。
 84年には、USツアーを行うが、"FUCK AUTHORIRY","RAW POWER"といった代表曲でシンガーを務めてしたSilvioが、喉を酷使しすぎたため、帰国してしまう(そりゃそうだ)。代わって、リード・ギターDavideが、彼の声帯模写(笑)を見事務め、ツアーをこなす。フリップ・サイド・ビデオで見たかぎり、彼らの熱演は、アメリカのパンクスにも熱狂的なレスポンスを獲得したようだ。いくつかの全米公演で共演した、PEACE CORPSE(PILLUSBURY HARDCORE〜PISSED HAPPY CHILDREN〜MAN IS THE BASTARDのエリック・ウッドも在籍)のメンバーが運営する、Arizonaの Toxic Shockとの契約も果たし、ポール"Zero Boy"マハーンのプロデュースで、85年にセカンドLPScreams from the Gutter(*1)を発表する。 ヘヴィ・メタルへの接近が著しくはあるが、すでに脱退してしまっていたSilvioの代役を、Davideが見事に務めており(ルパン三世の声をクリカンが務めるような感じといえばいいか)、これはこれで名盤といえるだろう。
1986には After Your Brain LPを同じくToxic Shockから発表しているが、ますますヘヴィ・メタルへの接近が顕著になり、商業的にはともかくも、その後の活動は停滞していたといっていいだろう。
近年では、80年代から90年代半ばまでのメタル路線をオミット。ハードコア・シーンに返り咲き、TOXIC RUNCH(元TOXIC SHOCK)やMAD MOB(FEEDING THE FIREの初期音源集を発表した、ドイツのマッチョ系レーベル。)、HELLO Recsといったレーベルから、それなりの好盤を発表。一時の汚名は挽回したにせよ、初期の輝きには遠く及ばないだろう。


MASTERPIECESまずこれだけは押さえたい、RAW POWERの基本アイテム
*1 *2 *3 *4

SCREAMS FROM
THE GUTTER LP/CD
 
BURNING THE
FACTORY CD
 
I THRASH,THEREFORE
I AM comp CD(Raw power
10曲収録)
 
LAST WHITE
CHRISTMAS
comp CD(Raw power
13曲収録)

ALSORAW POWERが気に入ったら、これも聴いてみよう。
AGNOSTIC FRONT
INFERNO CHEETAH CHROME
MOTHER FUCKERS
WINTERSWIJIX CHAOS
FRONT
HEIBEL NEGAZIONE LOS CRUDOS GEPOPEL

RAW POWERLINKS IN THE RING

コメントや情報を添えてRAW POWERに投票する




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー